30代の後半ともなりますと健

10月 4, 2017

Uncategorized

30代の後半ともなりますと健 はコメントを受け付けていません。


30代の後半ともなりますと健康診断で中性脂肪が増えて来ていますねといわれる人が増加して来ています。中性脂肪の数値に関しては肥満や暴飲暴食、運動をあまりしない、お酒の飲量が増えると高くなると思われます。生活と深く関わって来る数値ですので、中性脂肪を下げる為には、運動の機会を増やしたり、飲酒の機会を減らしたり、鰯とか鯖などの青魚を多く食べる機会を増やす様にしてほしいと思います。

健康診断結果の血液検査の項目にあるTGという値は、いわゆる中性脂肪という物質の値です。基準値が30から149mg/d l の範囲です。体を動かすためには中性脂肪が必要で、足りないと疲れやすくなりますが、過剰摂取した中性脂肪は、余分な内臓脂肪となってしまいます。中性脂肪を適切な量で摂取する食生活が、健康につながります。
定期的に身体を動かす習慣を持っている人で、血圧が基準値を超えているという例は多くはないのではないでしょうか。そう言い切れるくらい運動不足というものは生活習慣病や高血圧を引き起こす危険に繋がるとされているのです。しかし高血圧と診断されていても、焦らず自分のペース配分でできる、ウォーキングやジョギング等で、身体を動かす習慣、つまり有酸素運動を続ける事で、予防または改善効果が得られる訳です。しかし、短距離走や筋トレといった瞬発力がいる身体に負担が掛かる運動は逆効果になります。
中年を過ぎると新陳代謝が下がってくるので特に気を付ける必要があります。中性脂肪を減らすためには、基準値が50から149ですので、この値をオーバーするとこの先色々な病気になる可能性があるので、第一に代謝を上げることを目標に1日30分以上歩くこと、少なくとも週に2から3日は歩くようにして、炭水化物を取り過ぎないようにし、食事ではさばやあじのような青魚を積極的に取って、まず始めに野菜を取ることこれを意識すると中性脂肪の値を減らすことができます。
飲酒がコレステロール値の上昇につながると思っている方も周りにいると思いますが、お酒がコレステロール値を上げることはありません。しかし、お酒を飲むことで食欲か増進しますので、飲酒すると過食してしまう、食べ物の中でも脂っこいものを食べ過ぎてしまうことがあります。これこそが結果を引き起こしています。高いコレステロールの値を示している人はお酒と組み合わせる食べ物を見直しが必要です。
よく耳にする有酸素運動といえばウォーキングですが、コレステロールの値が高いことが原因で起こる動脈硬化を防ぐために効果が期待されています。ジョギングなどの地上で行う運動と比べ、より良くカロリーを消費することができるダイエット効果の高さが知られている水中歩行やエアロビクス、足腰への負担が少なく、筋力に自信がない方でもできる運動、ヨガなどをしてみてはどうでしょう?三日坊主にならないように有酸素運動を習慣として毎日の日課にすることで、病気の予防にもつながる悪玉コレステロール値の減少の効果があるとも言われています。血圧が高めの人に、効果を発揮する成分はタウリンです。タウリンと聞くと、まず栄養ドリンクの中に含まれている成分と思われがちですが、タウリン以外の色々な成分が栄養ドリンクの中には身体に影響を及ぼす、カフェインやアルコールなどの成分も入っており、かえって、高血圧の人には悪い影響が出てしまう事もあります。タウリンを摂取していきたいと思ったら、イカやサザエなど、歯ごたえがある魚介類には特にたくさん摂り入れる事が出来ますので、ぜひ、そちらから摂取していくと良いでしょう。年齢が上がるにつれて心配になるのが成人病です。成人病には多くの病気が含まれますが、そのうちの1つに糖尿病があります。糖尿病の治療には食事療法が欠かせず、その他に、内服薬やインスリン注射等を併用することもあります。多くの方が内服薬のみの治療を行っていますが、1型糖尿病や重度の2型糖尿病が指摘されている方には、インスリンによる治療が選択されます。1型糖尿病は、インスリンを分泌する膵臓細胞が壊れてしまい、それができない病気で、免疫機能が働きすぎてしまうことで起こります。その一方で、成人病と言われるのは2型糖尿病です。
自分が病気にかかっているのか、一般的にわかる病気といえば、糖尿病という病気です。尿に糖が混じるようになる病気だということは、皆さん知っていることでしょう。体内で増え続けた糖が、体内で処理できなくなったときに、結果的に、尿中に染み出してしまい、病気に至るのです。その証拠に、糖尿病である人の尿は甘い臭いがすると知っている方も多いでしょう。もし、糖尿病かもしれないと不安に思う人は自分の尿の臭いが甘いかで、病気かどうかが分かります。病気を発見する手段としてそれがあります。
生活習慣病の一種である、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞、狭心症などには中性脂肪が正常値を超えることが原因とされている病気もあります。中性脂肪が増えるという事は血液がドロドロで流れにくい状態になりさらに血管が詰まりやすくなるというリスクも付いて回ります。自分の中性脂肪の数値は血液検査を受けることで分かります。動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の中には、自覚症状を持てない病気もあるので、定期的な血液検査を心がけるのが大切と言うものです。参考にしたサイト>>>>>DHA、EPAサプリの口コミ